似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
子どもが学校の健康診断で近視といわれました。すぐメガネを掛けた方がいいでしょうか?
近視は小学校高学年から増え始めて、中学、高校と多くなっていきます。このよう

に成長とともに生ずる学齢期の近視を、学校近視ともいいます。

目の屈折状態は眼軸の長さや、角膜や水晶体の屈折力によって決まります。子ども

の目はこれらが成長とともに変化するので、近視になる子がでてくるのです。

一度、眼科医の診察を受けることをお薦めいたします。視力の低下は近視とは限ら

ない場合があります。又、仮性近視であれば眼科での治療が必要であります。

学校近視のほとんどは、近視の度が比較的軽く、「めがね」で正常の視力まで矯正

できる単純近視です。

とはいえ、メガネはデザインだけでなく、慎重に選びたいものです。

子どもの眼鏡は眼の機能を正しく発達させる医療用具です。

体の成長とは違い、眼の成長は8歳頃までにほぼ完成します。8歳までのこどもの

眼を正しい成長に導いてあげられるかどうかで、眼の一生は決まってしまうと言わ

れています。しっかり栄養を取ること、眼の機能を正しく、しかも充分に使うこと

が大切です。

 1.目標物を両目で正しく見ること。

 2.その映像を正しく網膜(眼の後ろの壁)に映すこと。


 3.それを脳で正しく認識すること。

これを繰り返し学習して初めて眼の機能を発達させ、完成させることができるので

す。

一度眼科専門医にご相談ください




 《 お勧めページ 》
子どもの視力の発達を阻害させないために「子どものメガネ」のこと考えました。 日本眼科医会(目についての健康情報 子どもの近視)