似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
子どもの遠視で良く耳にする「調節力」とはどういうことですか?
一言で言うと、眼の生理現象です。眼の角膜(瞳)の後方にある透明の水晶体(レンズ)が、物を見る時、網膜上に物体を映すためのピント合わせをする機能です。
■調節力の変化
調節力は、年齢に密接に関係してきます。というのは水晶体(レンズ)は年齢とともに弾力性が失われ、だんだんと硬くなるために、ピントを合わせるために水晶体を薄くしたり厚くしたりすることが困難になるからです。調節力は子どもが大きく(弾力性が強く)、年齢とともに小さく(弾力性が弱く)なります。弾力性が強いということは(子供のッ場伊丹市)、目に屈折異常(特に遠視)などがあっても異常がないように生理的に見ることができてしまいます。
■年齢別の平均的な調節力
調節力をレンズ度数の単位(D:ディオプトリー)に置き換えて表すことができます。
D=ディオプトリー
10最=12D 20歳=9D 30最=6D 40歳=4D 50歳=2D 60歳=1D
眼の中で調節する(水晶体を厚くする)ということは、目の中で自動的に凸レンズを作っているということと同じです。
また、45歳頃より水晶体のの弾力性はかなり失われ、近くを見るために
45歳頃より水晶体の弾力性はかなり失われ、近くを見る為に網膜上に焦点を合わせるのに必要な調節ができなくなります。老眼と呼ばれる症状です。


 《 お勧めページ 》
http://www.amagan.jp/senka32.html