似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
何故、老眼になるのですか?老眼とはどういううことですか?
老眼は多少の差こそあれ、だれにでも起こる老化現象の1つです。つまり、若い時の体力と同じで、10代、20代、30代、40代、50代と加齢と共に衰えていきます。眼も同様に、眼の瞳の裏側にある毛様体筋が衰えピントを自動的に合わすことが出来なくなっていく現象です。

40歳を過ぎるころから、私たちの眼は近くの物が見えにくくなります。物を見る時にレンズの役割を果たす水晶体は、その回りにあるチン氏帯とその根元にある毛様体筋によって、自動的にその厚みが調節されています。近くを見るときにはこうした調節筋が適度に緊張することで水晶体が厚くなり、網膜上に像を結びます。

加齢とともに水晶体の弾力性がなくなり調整力の力が低下していくと、近くを見るときにこの自動焦点(オートフォーカス)装置が十分に機能しなくなりピントが合わせなくなってしまいます。この状態を老眼(老視)といいます。


 《 お勧めページ 》
老眼鏡 遠近両用メガネ