似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
6歳の息子が眼科で「遠視」と言われ、メガネを掛けなさいと言われました。遠視と言うのは遠くが良く見えるのに、何故、子供の遠視はメガネを掛けなければならないのでしょうか?
遠視は遠くがよく見える眼、と考える方も少なくないかもしれないが、年齢と遠視

の度数によって、遠くも近くもボヤケル現象になります。特に、幼少期においての

遠視がこのようなことになります。人間の眼は8歳位で眼屈折系の発育が完成され

ます。ところが、眼も体の発育と同じで、大きい人、小さい人といった様に眼球の

大きさにも個人差でます。幼少期での眼球が少し小さい場合に、遠くも近くもボヤ

ケル現象がおこります。ボヤケルという状態は、カメラのピンボケ状況と一緒でカ

メラのフィルムに焦点が合っていない状態です。眼に置き換えるとフイルムが網膜

にあたり、網膜では焦点が合っていない状態でピントが合っていません。人間の眼

は網膜にピントが合って初めて、視機能の発達が始まります。幼少期にこの状態が

続くと眼に見る力を失う為、遠視用メガネを掛けることにより、ピントを合わせ視

機能を高めていくことになります。


 《 お勧めページ 》
子供の眼鏡選びは、機能、安全性優先とデザイン優先により、子供のメガネの選び方が変わってくる。