似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
視力が0.1以下で度数が強いため、いつもメガネを購入するときにレンズの厚みが太くなるのがすごく気になって購入をためらいます。
視力が0.1以下といっても度数がどれ位か解りませんが、悪までも-5.00D以上のメガネを前提とした中程度の近視の方の場合、確かに一般プラスチックレンズ(素材1.5)であれば厚みが9.3ミリあります。同一のフレームを使って、この厚みを薄くする場合はレンズの素材や設計を変えることで、同じ度数でもメガネレンズの厚みが薄くなります。
・同一フレームでのメガネレンズ素材厚み例
  @1.5 素材   9.7ミリ
  A1.6 素材   7.7ミリ
  B1.67素材   6.8ミリ
  C1.7 素材   5.4ミリ
以上は一般フレームをご使用いただいた場合のレンズの厚み目安です。この様に中程度の近視の方でも、レンズの厚みが太くなるため、メガネレンズの厚みを同じレンズを使用しても厚みを半分にまで抑えるフレームを眼鏡士 岡本隆博先生 が考案されました。名付けて「ウスカル」と称します。特に、強度近視メガネを使用しておられる方ぬは朗報です。
・ウスカルフレームを使用した場合の目安
  @1.5 素材   9.7ミリ  ウスカル使用の場合  5.4ミリ
  A1.6 素材   7.7ミリ  ウスカル使用の場合  3.8ミリ
  B1.67素材   6.8ミリ  ウスカル使用の場合  3.3ミリ
  C1.7 素材   5.4ミリ  ウスカル使用の場合  3.1ミリ
以上、ウスカルメガネにすると非常にレンズの厚みが「薄く」「軽く」「顔の輪郭線の入り込みが最小に」「眼が小さく見える悩みが最小限」といった具合に、レンズの薄い素材だけでなく、強度近視の方はフレームの選び方によって非常に快適メガネになります。




 《 お勧めページ 》
強度近視