似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
強度の近視でいつもメガネ選びに苦労します。レンズが薄くてウズが少なく、そして、もちろん、軽いメガネを掛けたいのですが何かいい方法はあるのでしょうか?
メガネ店での強度近視のかたへの対応・・・
たいていそれはどこのメガネ店でも同じで、「屈折率の高いレンズがいいですよ」、そして、「小さめの枠に入れれば薄く軽くなります」と言うわけです。それはそれで間違いではないのですが、実はそれだけでは不十分なのです。その条件さえ満たせばよいのなら、子供用枠が、レンズを薄く軽くするための一番良い枠だということになります。しかし、子供用枠ではダメなのです。それはナゼでしょうか
? それは、枠の前部分(フロント)の中央部にある、「レンズとレンズの間の間隔」(鼻幅といいます)が、強度近視のレンズを入れるには狭すぎるからなのです。(ウスカル 岡本隆博氏 抜粋)
強度近視の方のメガネに対する悩みを少しでも解消するために、設計された強度近視用メガネが考案されました。それは、鼻幅が21ミリ以上で玉型サイズが46ミリ以下の枠に強度近視のレンズを入れると、レンズが非常に薄くて軽いメガネができます。見栄えに関してもレトロ調と現在トレンドをミックスした新しい設計のフレームがあります。このフレームを仕様頂くことで、「レンズが薄くて、ウズが少なく、そして、もちろん、軽いメガネを掛けたい」強度近視の方の長年の希望を「メガネのカタチ」にいたしました。


 《 お勧めページ 》
強度近視