似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
パソコン作業が長時間つづくと、目が疲れるのはなぜですか?
人間の目は本来遠くを見るようにできているので、パソコンなどの近くを見て作業

をするのには適していません。パソコン作業は、画面やキーボード、書類の間を視

線がひんぱんに移動するため、より疲れやすくなります。

こうしたパソコンをする人の疲れ目(眼精疲労)の症状のことを「VDT

症候群」と呼びます。Visual Display Terminalの略で、コンピュータの表示機器

を意味します。

パソコン作業中は目をこらしてディスプレイを見つめるため、知らず知らずのうち

にまばたきの回数が減り、目が乾いた状態になります。眼球に傷がつきやすくなっ

たり、感染症にかかりがちになります。

また、ディスプレイの人工光や反射光のために、瞳孔が収縮し、ぼやけた感じや視

力低下が起こりやすくなります。

そのため、パソコン作業に適したメガネを装用すうことにより、上記症状を緩和さ

せることができます。40歳を過ぎた老眼のあるひとが近くを見る場合はもちろん

のこと、若い人でも、パソコンの作業を長時間行なうひとでも、眼に対する調節力

の緊張(眼の筋肉の緊張)負担は、一般の手元を長時間見ることよりも過度になり

ます。その調節力を少しでも排除できるパソコン作業に適した眼鏡の度数を、適切

に測定してあげれば、眼の疲労度を緩和することができます。

確かに、若い方にとっては、パソコン用のメガネをもう1本作らなければならない

と思われますが、常時かけるメガネとしても装用することは可能です。パソコンメ

ガネをお求めになる場合には、ご自身のパソコンの画面と、眼の距離を測定されて

から眼鏡店に行かれることをお奨めいたします。


 《 お勧めページ 》
OA作業(パソコン)を長時間される方に適したメガネの選び方!