似合うメガネ ・ 眼精疲労対策メガネ ・ 携帯できるメガネ ・ 快適なメガネ ・ 軽いメガネ ・ ズレにくいメガネ ・ 曇らないメガネ ・ メガネ修理


メガネや視力でお困りのことはありませんか?
小学生の子どもはすぐメガネを広げたり、壊したり・・・元気な子どもにあうメガネありませんか?
運動量の多い小児のフレーム(子ども眼鏡)は、軽くしかも堅牢で弾力性に富み、皮膚アレルギーを起こさない材質が望ましいと思います。その意味では、チタンは画期的な素材であるが、今後はフレーム製造過程での科学メッキの環境汚染問題がクローズアップされるかもしれません。昨今、特に注目されている「子供用メガネ」(フレーム)に「広がったり、曲がったり」しても元に戻る形状記憶合金フレームや超弾性合金、NT合金、βチタン、ゴムメタル、ハイパーチタン、など弾力を持った素材が発売されています。それぞれ、どの素材もチタンとニッケル又はβチタンとの配合割合を熱処理で開発されています。元気な子供用メガネに適したフレームとしては、それぞれに良いところ、悪いところがあり、お子様のライフスタイルや屈折異常の状態、体質の状態などにより、こども用眼鏡としてのフレーム選びをお奨めいたします。


 《 お勧めページ 》
http://www.amagan.jp/senka2.html