スポーツにおいて、視界の差は競技結果に微妙な影響を及ぼしますが、メガネを掛けている方において度付きサングラスにおけるカラー選びは大切。

メガネのアマガン 信頼メガネ宣言
メガネのアマガン
   HOME
 NEWS
   信頼メガネ宣言
  目と眼鏡のいろいろ
   芸能人メガネ
 メガネ専科
   強度近視用メガネ
   パソコン用メガネ
   パソコン用メガネU
   子供用メガネT
   子供用メガネU
   子どもスポーツメガネ
   遠近両用メガネ
   全視界メガネ
   古田メガネ
   スポーツ用メガネT
   スポーツ用メガネU
  スポーツ用メガネレンズ
   スポーツ サングラスT
   スポーツ サングラスU
   弱視メガネ(ロービジョン)
   弱視
   遮光メガネ
   おしゃれメガネ
   カラーメガネ
   度付サングラス
   偏光サングラス
   花粉症メガネ
   ドライアイ用メガネ
   色弱用メガネ
   老眼鏡
   大きいメガネ
   深視力用メガネ
   伊達メガネ
   跳ね上げメガネ
   跳ね上げ式サングラス
   丸メガネ
   メガネフレーム
 メガネのアマガン
   メガネブランド・選び
   メガネ修理
   メガネケース
 補聴器専科
   補聴器
株式会社
AMAGASAKI
 GANKYOUIN
アマガングループ
 ■メガネ部
代 06-6411-8965
 ■補聴器部
代 06-6481-7633

スポーツ用
レンズ
 メガネのアマガンでは
 「アウトドア用レンズ」が選べます。
 ライフシーンにあわせて、レンズカラーを選ぶ! 目的や光の反射によりレンズを
 選ぶだけでなく、カラーバリエーションも、シーン毎にお楽しみいただけます。
特殊カラーフィルターレンズ 〜テニス・ゴルフ・ドライブ等〜
 特殊カラーフィルターレンズ ≪まぶしさを遮り、コントラストをはっきりさせる≫
目的やシーンに合わせてさまざまな光をコントロールする特殊カラーフィルターレンズ。グレー系は全体に光量をカット、緑系は目に安らぎをあたえ、黄色系はコントラストがハッキリする、などそれぞれのカラー特性によって効果も変わってきます。あなたの用途に合わせて、最適なレンズをお選びください。
ワイルドオレンジ
曇天やナイターでも、明るい視界を確保。テニスボールとコートのグリーンの対比が鮮やかに際立ち、ボールを見やすくします。レンズを変えてリターンエースを狙ってみてはいかが。
ワイルドブラウン
観ることもスポーツだ。野球観戦などにおいて迫力が違います。カクテル光線のまぶしさをやわらげ、スポーツ観戦がいちだんとおもしろくなります。目にやさしいナチュラルカラーです。
ワイルドグリーン
やわらかい陽射しの中、のんびりとクルージングする。そんな時に最適のレンズです。まぶしさをやわらげながらも、明るい視界を確保。リラクゼーションを心地よく高めてくれます。


偏光レンズ 〜フィッシング・マリンスポーツ・ウィンタースポーツ等〜
 偏光レンズ ≪ギラつくまぶしい光の反射だけをカットする≫
光には、あらゆる方向の波が含まれています。偏光レンズは、その光を交通整理して、一定方向の光だけを透過させます。その結果、乱反射等からの光のギラつきを抑えます。たとえば、水面二反射する光で裸眼では水中が見通せないような時でも、偏光レンズをかけると、水中を泳ぐ魚を見ることができます。
アクティブフィッシング
明るいところや木の繁みなど比較的暗いところまで効果を発揮。早朝から夕暮れまでアユ、ヤマメといった動きの速い獲物をハッキリと眼で捕らえることができます。
アクティブスポーツ
光の中で一番まぶしく感じる黄色い波長をカットし水面からの乱反射を遮断します。強い陽射しの中でも遠近感がハッキリしてバス釣りなどに最適です。
アクティブラリー
思いのほか紫外線の強い冬山や、真夏の海に最適。まぶしさを遮断する上、自然のまま視界に映すので、目が疲れません。景観を存分に楽しむことができます。


◆ 効果 ◆
  1. 裸眼では、水面に反射する光で水中が見通せない。そんな時にも偏光レンズを掛けると水中を泳ぐ魚を見ることができます。
  2. マリン/スカイスポーツ,登山,ウィンタースポーツ等で紫外線の強い冬山や真夏の海に最適です。まぶしさを遮断する上、自然のものを自然色のまま視界に映すので目が疲れません。
  3. サイクリング,ジョギング,ゴルフ等郊外の風景で余計な光の乱反射だけを遮断し、裸眼に最も近い色彩を再現するのに通りすぎていく風景を楽しむことができます。
◇ 視覚集中力 I−10
■視覚集中力とは
視覚を一点に集中し、眼だけで動きを追うことである。
たとえばアメリカの有名なプロテニス・コーチ、ティモシィ・ゴールウェイは、正確なグランド・ストロークをするために、テニスボールの縫い目に焦点を合わせるか、集中するようにと指導しました。また、NFLルリーブラウンド・ブラウンズのコーチだったブラント・コリアは、クォーターバック、レシーバーの体全体ではなく、胸、肩、顔、腰などに焦点を合わせるようにと指示しました。ニューヨーク・ジャイアンツの名クォーターバック、スコット・ブルーナーもブラウンズの意見には賛成のようで、「目標を小さく決めると、ミスがへり、正確性をあげられる」といっています。あるいは、NBAニューヨーク・ニックスで活躍したビル・ブラッドレーは、ニックスに入る前プリンストン大学で、21回連続フリースロー成功という大記録をつくりましたが、その秘訣は、スリースローのときリング全体を漠然と見るのではなく、ネットをリンクに固定すいるためにリングの下に取り付けられた小さなスチールの穴のひとつに集中することでした。
これらの話に共通していることは、目標を漠然と見るのではなく、目標の中のより小さなポイントに焦点を合わせることです。それにより、視覚集中力が一段と高まり、 動体視力眼球運動深視力などのスポーツビジョンが効果的に働き、ひいてはすぐれたプレーやパフォーマンスが生み出されることがあるのです。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 視覚化能力 I−9
■視覚化能力とは
視覚的なイマジネーション、たとえばテニスのサーブやゴルフのショット、サッカーのキックなどでは、これから打つボールの軌道が目に見えるように頭の中で描けることがある。重要な能力であるが評価判定は難しい。
一昔前のゴルフ界のスーパースターといえば、この人をおいてほかにいません。ジャック・ニクラス、彼は世界の5大メジャータイトル(全英オープン、全米オープン、マスターズ、全米プロ、全米アマ)すべて優勝しているだけでなく、そのメジャー優勝回数を合計すると20回にもなります。まさに、ニックネームの「帝王」にふさわしい戦績です。その彼が、ショットの秘訣をこう教えています。
「頭の中で映画を見るようなものです・・・・・」まずフィニッシュしたい場所にボールをおいてみる・・・・・次にボールがそこに飛んで行く様子を見る・・・・・最後にこの2つのイメージを実現するにはどのスイングがいいか、そのスイングを視覚化してみます」
ボールを落とす理想的な場所、そこに届くまでのボールの軌跡、そしてその場所への到達と軌道を実現するための理想的なスイング、それらをすべて頭の中で「見る」ことが大切だと言っているのです。もちろん帝王ニクラウスの栄光は、血のにじむような練習、トレーニング、卓越した闘志などを抜きに考えることはできません。しかし、視覚化能力の開発もその栄光の一翼を担っていたということは確かです。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 周辺視力 I−8
■周辺視力とは
数値で客観的に評価するのは困難だが、周辺視野域における認知力(動きの光、あるいは大きな視標)をチェックする。
NBAロサンゼルス・レイカーズを何度も優勝に導き、92年バルセロナ・オリンピックでは、ドリームチームのキャプテンを務め、その後引退したアーヴァン・ジョンソンは、またの名マジック・ジョンソンといいます。何が魔法かといえば、彼のパウ・ワークです。彼はポイント・ガード(攻撃のコントロールタワー)として活躍し、NBAの通算アシスト記録9921を持ちます。
アシスト・パス、つまりシュートに直結した決定的なパスをくり出すその技術は、世界最高水準のディフェンス技術を持つはずの他のNBAのプレーヤーたちをも子どもあつかいしました。また魔術師のように、体のあちこちからパスをリリースし、ときにはレシーバーを全く見ることなく、ピンポイント・パスを通します。レシーバーを見ないでリリースするパスを、とくにノールック・パスとよびますが、まったく見えていないわけではなく、視野の端で、ちゃんととらえているのです。彼の起こす魔法には、いくつかのタネがありました。コンブネーション、巧妙なパス・テクニック・・・。そして、眼の端に映るものをキャッチする能力=周辺視力も、その大切なタネの1つだったのです。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 眼と手・足の協調性 I−7
■眼と手・足の協調性とは
視覚で認知した目標に対しすばやく手(体、足)で反応する能力。
アメリカ映画で、こんなシーンがありました。旅に出た高校生ぐらいの少年がお金に困り、見知らぬ町の酒場に入って、見るからに強そうな荒くれ男たちに向かって、大声でこういいました。「誰かオレと賭けをしないか」。男たちは生意気なガキだと胸ぐらをつかんでつめより、ケガしないうちにとっとと出ていけと追い払おうとします。しかし少年はひるむことなく続けます。「54枚のカードの中から、好きなカードを選べ。それをまぜたかカードをよく切って、ほうり投げろ。オレは、選んだカードに空中でナイフを突き刺す」。酒場中が大笑いをしました。けれど少年は真剣です。その真剣さ負けて、酒場の何十人もの客が賭けに参加することになりました。もちろん少年に賭ける者はだれ一人としていません。
荒らくれ男の一人カードを選び、54枚のカードを空中にほうり投げました。カードは飛び散り、ヒラヒラと落下してきます。ナイフを左手に持った少年の目が、チカチカチカと動き、選ばれたカードを探します。少年の左手が動き、ナイフがキラリと光って飛び、見事1枚のカードを貫いて壁に突き刺さりました。それまで騒然としていた酒場が水をうったように静まり返り、少年は賭けに勝ちました。神業!ミラクル!アンビリーバブル!などと驚嘆に値するスポーツのプレーは、神の仕業ではなく、軌跡ではなく、信じられないことでもないのです。眼・手・足の協調能力を高めた先にある人間の仕業であると考えたほうがよいでしょう。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 瞬間視 I−6
■瞬間視とは
一瞬のうちに多くの目標を認知する能力。
1993年の女子バレーボール日本リーグはプレーオフとなり、日立とヨーカドーの間で、優勝をかけた一戦が行われました。両チームの実力は接近し、フルセットに突入。闘魂の花火が散り、ゲームはまさに白熱。日立がいよいよマッチポイントを迎え、ヨーカドーから戻ったボールが、日立の名セッター中田選手にわたりました。場内はもとよりヨーカドー側も、「中田は誰にトスするのか?」と注目。その瞬間、中田選手は大きな賭けに出ました。意表をついたダイレクトスパイクを鮮やかに決め、熱い戦いに幕をおろしたのでした。
中田選手のこのプレーを、ファンや解説者は「センス抜群」「神業」などと興奮してほめたたえましたが、しかしそれではこのプレーのすばらしさを、本当に理解したことにはなりません。実はここに、スポーツビジョンの瞬間視が見事に生かされていたのです。日立のYコーチは、いいます。「セッターにボールが返ってくるとき、常にチラッと相手コートを観察させる」つまり瞬間視の大切さを、同コーチは中田選手に植え付けていたのです。そしてチラッと観察してから、次の作戦をとるよう指示しています。「もし、フォーメーションにスキがあれば、ちゅうちょなくフェイントやダイレクトスパイクを仕掛ける」中田選手の「抜群なセンス」や「神業」は、瞬間視の能力を日頃から強く意識してトレーニングすることにより引き出されたということができます。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 深視力 I−5
■深視力とは
距離や距離の差を感じる能力。 
自動車の運転で事故を起こさないためには、人や物をさけるハンドルさばきやブレーキをかけるタイミングに十分注意をしなければなりません。そしてハンドルさばきやブレーキのタイミングは、人や物と自分の距離を正しく見きわめることによって、正確さが生まれます。つまりドライバーには、距離感や位置関係をしっかり見きわめる眼=深視力が必要だということです。これは自動車にかぎったことではなく、オートバイや自転車でも同じです。
社員数1,500名のあるタクシー会社で、何回も事故を起こしたことのあるタクシー乗務員40名に、深視力の検査を行いました。すると40名伊丹市中(62.5%)に異常が認められました。これは、驚くべき比率です。自動車運転免許試験場では、2種免許の取得に際して深視力の行いますが、不合格率は4%にすぎません。さっそくその25名に対して、メガネを合ったものにかえさせるなどして、深視力を上げるように指導しました。その結果、明らかに事故が起きる割合が減ったそうです。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 焦点調節/輻輳・開散 I−4
■焦点調節/輻輳・開散とは
距離の変化に応じた眼(水晶体)の調節機能。
自動的にピントを合わせてしまうAF(オートフォーカス=自動焦点)カメラが発明されたとき、誰もがビックリしました。しかし、人の眼の自動焦点調節機能に比べたら、まだまだその能力は幼稚です。
なにしろ眼は、遠くは夜空の星から、近くは眼の前数センチのものまで、一瞬のうちにピントを合わせてしまうのですから。そんなすごいカメラはありません。しかも眼はカメラとは違い、レンズを前後に移動させて焦点距離を変えるのではなく、レンズ(水晶体)の厚みを変えることで、焦点距離を変えているのです。最近のハイテクでも、このような眼の機能をまねすることはできません。スポーツにおいて問題になるのは、いろいろな距離の目標に焦点を合わせれために、水晶体が厚みを変えるときの速さと正確さです。水晶体を厚くしたり薄くしたりする能力を、焦点調節能力とよんでいます。焦点調節と輻輳、開散は、いつも連動して起こるのです。この連動した動きが、スムーズにすばやく正確に行われることにより、さまざまなスポーツにおける効果的な向上に繫がります。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 眼球運動 I−3
■眼球運動とは
視線を目標に向ける速さと正確さ。
ある記録によれば、卓球のラリーの世界記録は、1分間に162回とか。1秒たらずでボールが行って返ってきてしまうわけです。ということは、0.4秒に1回の割合でストロークを繰り返すことになります。大変な忙しさです。まず、相手のストロークを見て、くり出されるボールの角度、コース、球質を判断し、実際に飛んでくるボールを目で追い、自分のストロークの方法を決め、ボールをたたき、自分の打球の方向を眼で追う-----このように多くのことを、ほんの一瞬のうちに行い、それを何回もくり返さなければならないのです。天才卓球少女「愛ちゃん」のプレーぶりを見てもわかるように、彼女の真剣な瞳は、激しくすばやくボールを追い続けます。卓球ではさまざまな角度、コースに高速で動くボールを、常に眼で追跡しなければなりません。この目標を追跡する眼の動きを、眼球運動といいます。
人の眼は、中心だけでなくそのまわりでもものをとらえて見ることができます。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 動体視力 I−2
■動体視力とは
目の前を横に動く目標を見る時の能力で、認知できる視標が速いほど能力が高い。
生涯打率313、首位打者5回。監督としては、王、長嶋をひきいて史上空前の9連覇をなしとげた川上哲治は、選手時代、「打撃の神様」とまでいわれ、戦前戦後の野球ファンに大きな夢を与え続けました。その神様があるとき言いました。「ボールが止まって見えた」。止まっているボールを打つのは、神様ではない私たちでもできそうです。神様たるゆえんは、ボールを止めたことでしょう。
もちろんそれはたとえで、ボールが止まっているようによく見えたということだと思いますが、ボールを止めたのは彼の眼で、その眼はスポーツビジョンのうちでも、動体視力だったということができます。
動体視力には3パータンがある。
@自分が止まっていて目標が動いているとき
A自分が動いていて目標が止まっているとき
B自分と目標が動いているとき
いずれも、眼には目標が動いているように見えます。最後のケースは、自分と目標が同方向、同速度で動いていれば、目標は止まって見えます。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ 静止視力 I−1
■静止視力とは:
一般に「視力」と言われている。
学校などの視力検査で調べる止まったものを見分ける能力ですが、この能力は、各種のスポーツビジョンとピッタリ一致するわけではありません。静止視力1.5の人のほうが、1.0の人より動体視力や深視力などのスポーツビジョンがすぐれているとはいえません。
しかし、静止視力0.2の人は1.5の人よりすぐれたスポーツビジョンを持つことはできないのです。静止視力が低いと満足なスポーツビジョンが望めず、次のようなハンデを負うことになるでしょう。
・動体視力が不十分になり、高速で動くボールを正確に見きわめることができません。
・深視力が不十分になり、ボールと自分の距離感、相手と自分との距離感を誤りやすくなります。
・相手や味方の表情の読みが十分に行えず、プレーへの対応が遅れてしまいます。
・コントラスト感度に影響がでます。
子供用サッカーメガネ 大人用サッカーメガネ 野球用メガネ バスケット用メガネ ゴルフ用メガネ テニス用メガネ バレーボール用メガネ 剣道用メガネ その他のスポーツメガネ
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−1 製法によって快適な視界が違います
■見た目は良く似たレンズカラーでも、スポーツにおいてボール、物体等の見え方が違ってきます。
基本的にメガネのアマガンが捉えているレンズカラーの製法として、(1)一般的なサングラスカラー、(2)遮光レンズ、(3)偏光レンズと思っています。ここで一般的に知られていない、(2)の遮光レンズカラーについてご説明いたします。
多くのサングラスはファッション性を重視するため、時として見え方を犠牲にすることがあります。特にサングラスの定番カラーであるグレー系サングラスは目に入る光を均一にカットするため、まぶしさの原因となる光だけでなく、明るさを感じる光もカットされてしまいます。明るいところではまぶしさが残り、少し暗いところでは視界が暗くなりすぎてしまうことがあります。つまり、一般のサングラスでは、眩しさをカットしたが、視力が落ちてしまうことになります。そこで遮光レンズは眩しさはもちろんカットして、明るさを確保するカラーレンズです。一度お試しください。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−2 ゴルフ
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのFLカラー
芝目がはっきり見える!
中間波長帯域光線(緑色〜黄色光線)を強調させることにより、芝目がはっきり映ります。また、強い紫外線や有害光線から目を守ります。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−3 テニス
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのACカラー
ボールをしっかりとらえる
緑系光線を抑え、黄色系光線を引き立てることにより、ボールのイエローとコートのグリーンの対比を際立たせ、ボールをしっかり認識できます。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−4 トレッキング
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのNLカラー
高地独特の強い光を低減!
緑系光線〜黄系光線を比較的良く透過するため、山の木々や森の景色が鮮明に見えます。また、高地の強い光線から目を保護します。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−5 フィッシング
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのFRカラー
水面からの反射を緩和!
可視光線ほぼ全波長にわたる高い遮光機能により、水面からの反射による眩しさを緩和します。また色調変化も少なく、きわめて高いコントラスト特性により眼精疲労やストレスを緩和します。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−6 ウォーキング
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのBRカラー(写真左)
 その他カラーとしてYG/UG
まぶしさ・紫外線から目を守る!
短波長を有効に抑えることにより、散乱光の原因になる青色の光がカットされ、眩しさを防ぎ、コントラストを高めます。また、ウォーキングどきの照り返しなどの眩しさからも目を守ります。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−7 屋外スポーツ観戦
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのNAカラー(写真左)
 その他カラーとしてSA/SC
決定的瞬間を見逃せない
有害な短波長をカット。長時間の紫外線照射による眼障害から目を守るとともに、散乱光のないハイコントラストな視界を確保し、一般サングラスのような光量不足による視力低下もないので快適な観戦をお楽しみいただけます。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−8 スキー
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのTRカラー
雪面からの照り返しをカアト
雪面からの青色光線(短波長域)の反射光をカットし、鮮明な視界を確保するとともにハイコントラストな視界でギャップも鮮明です。


◇ スポーツに適したカラーレンズ I−9 射撃
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのLYカラー(写真左)
その他カラーとしてYL/OY
チラつきを抑えて集中力アップ
散乱しやすい青色系光線のカットにより、コントラストを向上し遠方のポイントにもくっきりピントが合わせられます。フィールドの天候によってカラーを選ぶことも大切。
◇ スポーツに適したカラーレンズ I−10 登山
■ TK:STG400 遮光レンズ 
サングラスとしてのROカラー(写真左)
鮮明な視界を確保
短波長から中間波長帯をカット。紫外線をほぼ100%カットし高地での紫外線による眼障害から目を守ります。また散乱光をカットしコントラストを高め鮮明な視界を確保します。
◇ 度つきのスポーツサングラスメガネとしての偏光サングラスレンズ  2)・・・・・
■ 晴天時の野外スポーツ、例えば、ゴルフどきの芝面等からの乱反射、野球場やテニス場での芝面の乱反射及び早朝や夕暮れどきのジョキングやランニングどきのアスファルトからの乱反射、又、つりやヨットといった水面での乱反射などに対して、ギラツクまぶしい光の反射だけをカットする偏光レンズを、スポーツ用サングラスとして、或いは、趣味における快適なサングラスとして、一度ご使用うただければ一般サングラスとの違いがご理解いただけると思います。ご参考までに右写真はテニスコートでの比較を、裸眼時と偏光レンズ使用どきを比較したイメージ写真です。スポーツメガネ、スポーツサングラスメガネはレンズが命ですをテーマに!
◇ スポーツ用偏光サングラスメガネと、度付きスポーツサングラス。T)・・・・・
■   用途ヨット対応最適メガネ偏光サングラスクロスカントリースキー対応最適メガネ偏光サングラス・ビーチスイミング対応最適メガネ偏光サングラス・・・強烈な光に対して、効果的に光量を調節します。グリーン系の色を同化することにより、600ナノメーター波長での光をやわらげます。サマーシーズンに於けるアウトドアでのヒートアップした日差しでは涼しい視界を提供します。とくに、夏場のビーチや海上等、冬場のスキー場などでの日差しがとくに強い場所での使用にてきしています。登山家ヨットマンの要望に答えてて開発したカラーのレンズです。スポーツメガネはレンズが命をテーマに!
スポーツ用メガネとして度付きの対応も可能です。

Copyright © メガネのアマガン All Rights Reserved.