大型免許や普通免許2種等の視力検査と深視力検査があります。深視力テストで深視力検査不合格の方に、深視力攻略にはコツがあり、殆どの方は深視力練習とトレーニングによって合格ができます。

メガネのアマガン 信頼メガネ宣言
メガネのアマガン
   HOME
 NEWS
   信頼メガネ宣言
   芸能人メガネ
 メガネ専科
   強度近視用メガネ
   パソコン用メガネ
   パソコン用メガネU
   子供用メガネT
   子供用メガネU
   子どもスポーツメガネ
   遠近両用メガネ
   全視界メガネ
   古田メガネ
   スポーツ用メガネT
   スポーツ用メガネU
   スポーツ用メガネレンズ
   スポーツ サングラスT
   スポーツ サングラスU
   弱視メガネ(ロービジョン)
   弱視
   遮光メガネ
   おしゃれメガネ
   カラーメガネ
   度付サングラス
   偏光サングラス
   花粉症メガネ
   ドライアイ用メガネ
   色弱用メガネ
   老眼鏡
   大きいメガネ
   深視力用メガネ
   伊達メガネ
   跳ね上げメガネ
   跳ね上げ式サングラス
   丸メガネ
   メガネフレーム
 メガネのアマガン
   メガネブランド・選び
   メガネ修理
   メガネケース
 補聴器専科
   補聴器
株式会社
AMAGASAKI
 GANKYOUIN
アマガングループ
 ■メガネ部
代 06-6411-8965
IP 050-3386-1037
 ■補聴器部
代 06-6481-7633

深視力用
 メガネ
   大型一種免許・大型二種免許・普通二種免許・けん引免許等
      深 視 力 検 査
大型免許、二種免許の取得時には、視力検査だけでなく、深視力検査というもっとも高次元な眼の機能である立体視の検査が必要とされている。つまり、深視力検査をおこなう最大のポイントは、運転者の遠近感が性格に認識されているかを確認する事であります。
深視力検査により、重大な交通事故を未然に防ぐことにあります。
深視力 = 立体視 = 遠近感
職業運転(メガネ)として、「深視力検査」が課せられています

深視力検査機械
メガネのアマガンセンター店2F 設置機械
(運転免許センターと同型機)
深視力検査は、上記機械でおこないます。見え方のイメージとしては
 (1) 機械の中に3本の棒があります。
 (2) 3本の棒のうち中央の棒が、手前から奥へ、奥から手前へと移動します。
 (3) 3本の棒が、一直線に並んだ時に棒の動きを止めます。
深視力とは・・・

人間は両眼を持って物体像を認識しています(両眼視機能)。両眼とも1つの物体を同時に目の一眼の奥の網膜に像を映し1つの物に融像しています。このような状態を同時視ともいいます。深視力は、この融像視と違って、左右の眼にそれぞれの網膜に映った像の位置が異なることで遠近感を感じる事により運転時の物体の位置が把握できるのです。

深視力が合いにくいケース・・・

1)裸眼視力か矯正視力が悪く、3本の棒が明視できない場合
2)深視力検査の内容が、認識できていない場合
3)両眼視機能が不都合な場合

深視力が合いにくいケースの補正・・・

1の場合は、遠用の矯正をおこなう
   例えば、近視、遠視、乱視の補正をおこなえば深視力は合います。
2の場合は、1度体験する事で認識していただく事ができます。
3の場合は、両眼視機能が、補正できる場合とできない場合があります。
 できる場合としては、斜位という眼位の異常や輻輳(眼筋の内寄せ)の不完全などによって両眼視が低下している場合は、眼鏡による両眼視機能の矯正や訓練によって改善されると思います。
できない場合としては、眼のケガや病気により片眼の視力が著しく低下している場合や斜視によって同時視ができない場合が考えられます。

ご安心下さい。深視力が合わなかった方も、90%以上は、メガネのアマガンセンター店専門スタッフにご相談頂ければ、ご満足いただけます。

アマガンセンター店舗 1F
地図センター店舗 1F
◇ 深視力検査が必要な自動車免許・・・運転免許と深視力/ お仕事にいかす<一種免許>!
深視力とは
両目をバランスよく使って距離を把握する視力です。

■ 中型一種免許と深視力検査の関係
4tトラックやマイクロバス(非営利)を運転したい。
中型免許で、乗車定員11人以上29人以下、車両総重量5t以上11t未満、最大積載量3t以上6,5t未満の自動車を運転することができます。お持ちの普通免許が、平成19年6月1日以前に取得された場合は、中型免許(8t限定)となります。
<入学資格>例えば、尼崎ドライブスクールの場合
@.年齢が20歳以上である事。
U.普通、大型免許以上を取得し、2年以上の経験がある事。
V.視力に関しては、両眼0.8以上、一眼でそれぞれ0.5以上ある事。
 メガネなどの矯正視力でも可能。
 中型一種免許のメガネはメガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
W.深視力検査の測定値が基準内であること。
 メガネのアマガンセンター店にて深視力検査器設置。
X.赤、青、黄の信号色の識別ができること。
 メガネのアマガンセンター店にて色弱検査器設置。
Y.聴力が日常会話が出来る程度。
 補聴器による矯正可能。
■ 大型一種免許と深視力検査の関係
ダンプカーやタンクローリーを運転したい。
大型免許では、乗車定員三十人以上、車両総重量11t以上、最大積載量6,5t以上の自動車を運転することができます。トラックのほかにもダンプカー、タンクローラーリーなどいろいろな車が運転できるので仕事の幅が広がります。
<入学資格>例えば、尼崎ドライブスクールの場合
T.年齢が20歳以上である事。
U.普通、大型免許以上を取得し、2年以上の経験があること。
V.視力に関しては、両眼0.8以上、一眼でそれぞれ0.5以上あること。
 眼鏡などの矯正視力でも可能。
 大型一種免許メガネはメガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
W.深視力検査の測定値が基準内であること。
 メガネのアマガンセンター店にて深視力検査器設置。
X.赤、青、黄の信号色の識別ができる事。
 メガネのアマガンセンター店にて色弱検査器設置。
Y.聴力が日常会話が出来る程度。
 補聴器による矯正可能。
■ けん引免許と深視力検査の関係
750kgを超える大型トレーラーを運転したい。
けん引免許は、車両総重量750kgを越える被けん引車をけん引するのに必要な免許です。トレーラーを運転するにはこの免許が必要です。例えば、大型+けん引=大型トレーラーが運転できます。
<入学資格>例えば、尼崎ドライブスクールの場合
T.普通、中型、大型免許以上取得していること。
U.視力に関しては、両眼0.8以上、一眼でそれぞれ0.5以上あること。
 眼鏡などの矯正視力でも可能。
 メガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
V.深視力検査の測定値が基準内であること。
 眼鏡などの矯正視力でも可能。
 けん引免許メガネはメガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
W.赤、青、黄の信号色の識別ができること。
 メガネのアマガンセンター店にて色弱検査器設置。
X.聴力が日常会話が出来る程度。
 補聴器による矯正可能。
 補聴器のアマガンでは、聴力検査器にて測定が可能です。
■ 大型特殊免許と深視力検査の関係
@.年齢が18歳以上であること。
A.視力が両眼で0.7以上、一眼でそれぞれ0.3以上あること。
 眼鏡などの矯正視力でも可能。
 メガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置
B.赤、青、黄の信号色の識別ができること。
 メガネのアマガンセンター店にて色弱検査器設置。
C聴力が日常会話が出来る程度。
 補聴器による矯正可能。
 補聴器のアマガンでは、聴力検査器にて測定が可能です。
◇ 深視力検査が必要な自動車免許 ・・・運転免許と深視力/プロドライバーとして<二種免許>!
深視力とは・・・
両目をバランスよく使って距離を把握する視力です。

■ 普通二種免許と深視力検査の関係
タクシーや介護福祉タクシーの運転手になりたい。
タクシー業務や運転代行業務などの旅客自動車(有償)を運転するのに必要な免許。二種の運転手には、旅客の安全という使命が課せられていることから1種以上に運転者の資質や技術が要求されます。
<入学資格>例えば、尼崎ドライブスクールの場合
T.年齢が21歳であること。
U.普通免許以上を取得し、通算三年以上の経験があること。
V.視力に関しては、両眼0.8以上、1眼でそれぞれ0.5以上あること。
W.深視力検査の測定値が基準内であること。
 メガネなどの矯正視力でも可能。
 深視力メガネはメガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
X.技能練習の受講について、当校より決められたスケジュール通りに受講できる方。
■ 中型二種免許と深視力検査の関係
送迎バスや貸切バスの運転手になりたい。
乗車定員11人以上29人以下の中型乗用車を旅客輸送の目的で運転する際に必要な免許。一般的にマイクロバスなどの貸切バス運転する場合が多い。
<入学資格>例えば、尼崎ドライブスクールの場合
@.年齢が21歳であること。
A.普通免許以上を取得し、通算3年以上の経験があること。
B.視力に関しては、両眼0.8以上、一眼でそれぞれ0.5以上あること。
 メガネなどの矯正視力でも可能。
 深視力メガネはメガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
C.深視力検査の測定値が基準内である事。
D.技能練習の受講について、当校より決められたスケジュール通りに受講できる方。
■ 大型二種免許と深視力検査の関係!
路線バスや観光バスの運転手になりたい
乗車定員30人以上の大型乗用車を旅客輸送の目的で運転しる際に必要な免許。一般的に路線バス、貸し切りバスなどを運転する場合が多い。二種の運転手の場合には、旅客の安全確保という使命が課せられていることから一種以上に運転者の資質や技術が要求されます。
<入学資格>例えば、尼崎ドライブスクールの場合
@.年齢が21歳である事。
A.普通免許以上を取得し、通算3年以上の経験があること。
B.視力に関しては、両眼0.8以上、一眼でそれぞれ0.5以上あること。
C.深視力検査の測定値が基準内である事。
 メガネなどの矯正視力でも可能。
 深視力メガネはメガネのアマガンセンター店にて相談コーナー設置。
D.技能練習の受講について、当校よりきめられたスケジュール通りに受講できる方。
◇ 深視力検査機での練習兵庫県公安委員会同機種設置!
■ 大型一種免許と深視力、大型二種免許、中型一種免許、中型二種免許、普通2二種免許、けん引免許などを取得するどきや、更新する時に深視力検査が必要です。メガネのアマガン センター店二階では、この様な方にお役に立っていただける深視力検査コーナーをもうけ、深視力のコツをつかむ練習やトレーニングのできる深視力検査機を準備いたいています。
深視力は両眼での遠近感(立体視)の検査で、近畿地区の眼鏡店では設置のない公安委員会と同一の深視力を検査する深視力検査器(右写真参照)で深視力測定している眼鏡店です。裸眼で深視力が合わない場合等は、殆どが眼鏡(深視力メガネ)の補正と深視力練習、深視力トレーニングで合います。深視力検査の方法は、横に並んだ三つの棒の中央の1本を前後に移動させて左右の2本と同じ位置にそろえる検査で日常視に近い遠近感の検査法で行ないます。今までの経験では、矯正視力が片眼0.5以上あれば殆どの方が深視力検査には合格されています。深視力測定は、近視・遠視・乱視等の屈折異常が正確に矯正されているか?立体視が良好であるか?深視力測定器による慣れ!などによって深視力のテストに合格されます。例えば、屈折異常の場合には、キッチリした深視力測定に適した深視力メガネを装用頂ければ問題はなく、立体視に関しても適正な両眼視のできる深視力メガネを装用頂ければ深視力検査に安心して望むことができます!!!
◇ 視力&深視力&視野&明度の感度&順応と眩惑
■ 車の運転と目の機能は大変重要で、必要な情報の90%が視覚に依存すると言われています。
T)静止視力と動体視力
動きながら物を見る場合(動体視力)と、止まっていて物を見る場合(静止視力)とでは物の見え方が違ってきます。動体視力は、自分が動いたり、相手が動いたり、両者が動いている場合の視力で、通常の視力検査で測定される静止している時の視力に比べてかなり低くなります。動いている場合は、視線を注ぐ時間が短くなり、注意力が分散して見落としや見間違いが生じやすくなります。さらに、スピードが速くなればなるほど、この傾向は大きくなります。また、運転による疲れは、神経の疲れであり、その影響は眼に強くあらわれるといわれています。
2)深視力
深視力とは、一言で距離や距離の差を感じる能力。自分から距離の異なるいくつかの目標を見た時に、その距離の差を認識する能力を検査する。距離の感覚は立体視の能力に支えられている。立体視には、網膜の小細胞神経筋を経由する静的立体視と大細胞神経筋を経由する動的立体視とがある。静的立体視は注視点に対して目標が前方にあるか後方にあるかを精密な形態覚を利用して判別する能力で、一方の動的立体視は目標が動いているか否かを感知する能力である。深視力計を利用して測定する。
3)視野
視野(周辺視野)は、両眼視で200度ぐらいといわれていますが、車を運転している場合は、次々と後方に流れるため、明瞭にとらえにくい範囲が広がります。スピードが速くなればなるほど明瞭にとらえにくい状態になり、情報をキャッチする能力が下がり、当然危険予測能力も落ちることになります。
4)明度の差(コントラスト)と視力
目で見て物を判別するには、明るさとともにその対象物との周囲との明度のさ(コントラスト)が重要な役割を占めています。運転中は、明度の差の小さい物(例えば、薄暮時の黒っぽい服装など)に出合う機会が多く、これを見分けることができるかどうかが重要になります。高齢者は、若年者に比べ、明度の差が小さい物を見分けることが一層難しくなると言われています。
5)順応と眩惑
・順応
順応とは、眼が明るさや暗さに慣れることを言います。運転中、暗いトンネルに入ったり、トンネルから明るい場所へ出る場合などがこれに当たります。特に、高齢者は、若年者に比べ順応が遅れるため、しばらくの間、見えにくくなる傾向が強いとも言われています。眼が順応するまでには、特にスピードを落とすなど、十分注意して運転しましょう。
・低照度と視力
明るい所では物は見えやすく、夜間など暗い所では物は見えにくくなります。これは、夕暮れや夜明けの薄明るい状況にも言えます。この物が見えにくくなる傾向は、中高年層になるほど大きくなってくると言われています。
・眩惑
夜間、対向車のライトを直接目にうけると、眩しさのために一瞬、視力を失った状態になります。これを眩惑と言います。眩惑されるともとの視力に回復するまでには、3〜10秒かかると言われています。特に、高齢者は、この眩惑状態に陥りやすく、前方が見えにくくなると言われています。
◇ 中型自動車(旧普通免許から移行した8t限定 付を除く)、大型自動車、牽引自動車、第二種運転免許どきの深視力検査がスポーツ競技に重要なこと!ご存知でしたか? テニスと深視力の関係!・・・・・
深視力とテニス
■ あの女子テニス界で有名なビリー・ジーン・キングは、1980年に出版されたロバート・ライジャーの「The Athlete」のなかで、深視力こそいま若いプレーヤーに求められている最も大切な資質である。と書いている。キングは、すべての技術のうちで深視力を、眼と手の協応動作やコートスピードよりも上にランクづけている。
その理由の一つに、キング選手の好きなプレーであるネットプレーは、頭の上にくるボールにつねに気をつけなければいけない。できる限りネットにつこうとするので、いきおいノーバウンドで打つことが多い。キングが高く浮き上がってくるロブや肩の高さのリターンを正確にとらえられるのは素晴らしい深視力のおかげである。深視力のあまりないプレーヤーがサーブアンドボレーをすると、ネットでどうしても凡ミスがおおくなる。ベースライン・プレーに終始するプレーヤーには、それなりの理由があろう。例えば、グランドストロークがものすごく上達したとか、
攻撃的なサーブアンドボレーのゲームは自分の性格に向いていないと決めてかかっているとか・・・・・。しかし、この様な人は深視力があまり発達していなくて、その結果、空中のボールをあまり打たなくてもいいベースラインにとどまっているのかも知れない。
◇ 中型自動車(旧普通免許から移行した8t限定 付を除く)、大型自動車、牽引自動車、第二種運転免許どきの深視力検査がスポーツ競技に重要なこと!ご存知でしたか? 野球と深視力の関係!・・・・・
■ 深視力と野球
野球で最も深視力が必要なのは、いつもフライを処理している外野手であろう。空間の位置把握があまり得意でなければ、内野手かキャッチャーが向いている。これらのポジションではそれほど深視力は問題にならないからだ。深視力が試されるのは、ゴロよりボールが高くあがったときである。例えば、サードは強いあたりをさばくのに、反射運動や動体視力は相当必要だが、ボールが肩より上にくることは少ないので、深視力はさほど気にしなくてもよい。キャッチャーもファウルになるポップフライを捕るとき以外、この力はあまりいらない。チームのキャッチャーが他の面では優れているのに深視力がよくなければ、コーチは、ファールになるポップフライもインフィールド・フライもファーストかサードが撮るように指示すればいい。また、一番深視力のいい選手を外野に回す。誰が一番正確に空中のボールを判断できるかを調べるには、何人かの選手を外野に並べて高いフライを捕らせてみる。判断の悪い選手は、他のポジッションに回すほうがいいだろう。これまで、アンパイアについてふれていないが、おそらく深視力のいい人が大半だろう。そうでなければこの役は務まらない。ことに、主審は空間の位置が正しくつかめなければいけない。何しろわずか0.5秒でストライクかボールの判定をするのだから。
◇ 中型自動車(旧普通免許から移行した8t限定 付を除く)、大型自動車、牽引自動車、第二種運転免許どきの深視力検査がスポーツ競技に重要なこと!ご存知でしたか? サッカーと深視力の関係!・・・・・
■ 深視力とサッカー
例えばサッカーにおいて、広いグランドで選手とボールが縦横に連携して、選手は正しい方向に正しい距離だけボールを投げたり蹴ったりせねばならない。深視力とは、距離感の検査であり、遠方と近方で離れた2点の距離の差を区別できる細小の値を立体視差で表したものである。サッカーのトッププレーヤーは例外なくこの深視力が優れているといわれる。すなわ、ちよい深視力を有することがサッカーのトッププレーヤーの必要条件になる。サッカーだけではなく、全ての球技に深視力は重要であろう。
スポーツには正確な距離感の瞬間的な把握が極めて重要になることが多い。そのための深視力測定、深視力検査を一度行なってみてはいかがでしょうか?
距離感の検査には目標までの距離を目測して、それが正しいかどうかをみる場合と、距離の異なるいくつかの目標の距離のずれをどれだけ正しく識別できるかを測定する2つの評価方法がある。深視力の実際の検査は、三杆式深径覚計で行なわれる場合が多い。2本の固定杆の間を1本の移動杆が前後にゆっくりと移動する。被験者は3本が横1列に並んだと感じたらスイッチを押し、その正確性を測定するのである。立体視は深視力に影響するが、立体視と深視力は異なったものである。スポーツの一級選手は例外なくよい深視力をもっているが、よい立体視は必ずしも持っていないといわれている!深視力は深視力めがねが命ですをテーマに!
◇ 中型自動車(旧普通免許から移行した8t限定 付を除く)、大型自動車、牽引自動車、第二種運転免許どきの深視力検査がスポーツ競技に重要なこと!ご存知でしたか?ゴルフと深視力の関係!・・・・・
■ 深視力とゴルフ
沢山あるショットのうちで、アプローチが最も微妙な深視力を必要とする。ゴルファーは目による判断だけで、グリーンはどのくらい離れているか、どの位の強さで打てば池やサンドトラップを避けられるか、を決める。アプローチショットは、ティーショットと同じく、次の3つのプロセスにしたがう。第1に、グリーンを見て、どの辺りをねらうのかを決める。つづいて、その距離にふさわしいストロークを思い描いて、ボールをどこに落とすかを頭のなかに描く。最後に、プロに教わったようにアドレスし、集中し、頭を下げ、スウィングする。
ボールがグリーンに乗ったら、今度は自分の空間感覚を頼りに、ボールとピンの距離はどのくらいか、カップに入れるにはどのくらいの強さで打てばよいかを判断する。もしスリーパットすることが多ければ、ボールとピンとの距離をもっと時間をかけて測ること。この時ピンはホールに入れたまま測る方が、カップより目印になって良い。
ゴルファーに是非知ってほしいのだが、もし、ティーショットでボールの落ちる方向を見失うようであれば、ロストボールを何個も出すはめになるだろう。これによっても、ゴルファーが深視力を養ったほうがいいという理由もわかるだろう。












◇ 中型自動車(旧普通免許から移行した8t限定 付を除く)、大型自動車、牽引自動車、第二種運転免許どきの深視力検査がスポーツ競技に重要なこと!ご存知でしたか? バスケットボールと深視力の関係!・・・・・
■ 深視力とバスケットボール
バスケットボールで正確なシュートをするために重要な視覚要因といえば、動体視力と深視力である。この深視力によって、どのくらいの弧を描いて投げればいいかが予測できる。コートからのジャンプショットを、10回のうち9回も軽く入れてしまう選手は、リムの位置、ボールとゴールの間の距離を正確に判断しているのである。
リック・バリーは、どのアングルからのジャンプショットも信じられないほど見事に決めることができたが、彼の深視力は並外れてよかったに違いない。逆の場合もある。ウィルト・チェンバレンはゴールから離れた地点からのシュートが下手なことで知られていた。ゴール近くのシュートはすべて入ったが、ゴールとの距離があるとシュートの成功率は極端に落ち、彼がフリースローラインに立つと決まってブーイングが起こった。どのくらいの弧がよいのか感覚的につかめなかったので、いつも強すぎるボールをリムめがけて投げていた。毎日そればかり練習したけれど、彼のフリースローラインからのシュート成功率は少しもあがらなかった。このように自分の位置とリムとの間の正しい距離がつかめなかったのは、あきらかに彼の両目が輻輳していない。つまり両目が連携して機能していないからと思われている。判断の悪さをカバーしようと、ラインから数フィート下がってシュートしてみたが、これもうまくいかなかった。深視力が不正確のままでは、いくら位置を変えてみてもしかたがなかったのである。
◇ ご存知でしたか?深視力とスポーツ・・・深視力測定&検査はスポーツ競技と関係が深い!
■ 深視力測定&深視力検査&深視力メガネは、大型免許や二種免許の取得時或いは更新時の深視力検査や深視力測定以外に、スポーツにおける遠近感の優劣によってもスポーツ能力に差が現れるようである。
当店が把握しているスポーツと深視力の重要性を、3段階の数値で重要度を記入してみました。

T=深視力は重要でない  
U=深視力は重要  
V=深視力はたいへん重要

 1)サッカーと深視力=V   
 2)野球(野手)と深視力=V     
 3)野球(バッター)と深視力=V  
 4)野球(ピッチャー)と深視力=U    
 5)バレーボールと深視力=V
 6)ハンドボールと深視力=V     7)バスケットボールと深視力=V
 8)ラクロスと深視力=V       9)ラケットボールと深視力=V
10)テーブルテニスと深視力=V   11)卓球と深視力=V
12)テニスと深視力=V       13.ゴルフと深視力=V 
14.ボウリングと深視力=U     15.ホッケーと深視力=V     
16.フットボール(ディフェンシングバック)と深視力=V
17.フットボール(ラインバッカー)と深視力=V
18.フットボール(オフェンシブタックル)と深視力=T
19.フットボール(クォーターバック)と深視力=V
20.フットボール(レシーバー)と深視力=V
21.フットボール(ランニングバック)と深視力=V
22.アイスホッケー(ゴールキーパー)
23.ラケットボールと深視力=V   24.アーチェリーと深視力=U
25.ボクシングと深視力=U     26.体操と深視力=V
27.騎手と深視力=V        28.カーレースと深視力=V
29.スキーと深視力=V       30.ランニングと深視力=T
31.陸上(トラック高飛び)と深視力=V
32.陸上(トラック棒高飛び)と深視力=V
33.レスリングと深視力=T     34.審判と深視力=V
◇ 深視力の適正をご家庭で!深視力トレーニング
■ 深視力をご家庭でアップさせる訓練のご紹介。
深視力の衰えの1つとして年齢も深く関わっています。老眼が進むと、距離感が把握しづらくなります。すると、階段を踏み外したり、車の運転で距離を把握できなくて事故を起こすことにもつながります。眼で距離が合わなくなると、脳でも距離が合わなくなっています。そこでこの両者を強化していきます。
T.距離あて法と深視力アップ<右イラスト上部>
@距離が目測で測れるかどうかを確認していきます。これは、身近にあるものなら何でもかまいません。眼の前にある時計でも、壁にあるカレンダーでもOKです。自分のいる場所から、ある物までの距離を素早く答えます。深視力訓練・・・
A実際にメジャーでその距離を測っていきます。最初は距離が長めだったり、短めだったりする傾向がありますが、次第に距離感が正確になっていきます。深視力アップ・・・
・推定距離あて法<右イラスト下部>
@部屋の中をぐるっと見渡します。カレンダー、本、机等・・・どこに何があるかを確認して目を閉じます。深視力訓練・・・
Aさっきあったカレンダーや本に目標を定め、その位置で目をパッと開けて、それにピントを素早く合わせます。距離を推測して、それを確認していきます。深視力アップ・・・
◇ 深視力の適正をご自信でチェックできる深視力検査・・・深視力テスト
■ 深視力検査が不適正な方にとって、適正な深視力を保持する為の深視力のコツは、第一が深視力検査器での深視力練習、第2に深視力のトレーニングを、ご家庭やお仕事場で行なうことと思われます。第一の深視力検査器での深視力練習は、当店メガネのアマガン センター店2階での公安委員会と同機種での深視力練習を行なって戴くことや、深視力のトレーニングを行なっていただくことと思います。
ここでは、その深視力検査を適正に合格いただける「チェック方法」(判定結果でご深視力年齢が判ります)、そのチェック方法によるトレーニングを下記に列挙しましたので、一度試しに行なってみて下さい。
<深視力適正簡易チェック>(右イラスト)
@今、ご自身がいる位置からドアまでの距離を眼で見て素早く言い当ててみてください。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
A机の角から角までの距離を言い当てて見てください。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
B床から天上までの距離を言い当ててみて下さい。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
C自分の膝小僧から地面までの距離を推測して下さい。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
D自分の人差し指の長さを推測して下さい。ご家庭での簡易的な深視力検査としてや深視力のトレーニングとしても活用できます。
以上、5つのポイントについて、自分が推測する距離をメモにとり、実際の距離をメジャーで測ってください。
・判定結果(大凡の一致)
□五個ほとんど正解    深視力年齢20歳〜30歳代
□三〜四個正解      深視力年齢40歳〜50歳代
□二個以下        深視力年齢60歳以上
例えば、階段を踏み外したり、ものにぶつかったりというのは、この深視力がうまく働かないからです。
つまり、深視力とは、両目をバランスよく使って距離を把握する視力のことで、老眼になると眼を寄せる働きが低下し、寄り眼がしづらくなって、両眼視ができにくくなって、左右どちらか一方の眼を中心に見ることになって、みるものが平面的になり、距離感の把握が難しくなる面があるため、年齢が高くなるにつれて、深視力の低下がおこります。今回は、その深視力を少しでも向上させる1つの深視力トレーニングとして一度試して見てください。
◇ 深視力検査を適格に行なう深視力眼鏡の正確性!
大型自動車免許や二種免許の取得、更新の際には、通常の視力検査以外に深視力検査が行われます。これは一般的に言われる視力とは違い、両眼視機能と呼ばれ高次元な機能である立体視の検査のことです。この立体視はスポーツ球技などでも競技の結果に差がでてきます。
人間は2つの目を持って1つの物体を1つとして見ていますが、この2つの目はあたかも1つの眼のように働いて見ています。これは両眼で受け入れた感覚を脳で統合して1つの物体として見ている訳ではなく、遠近感をも認識させるころができます。このような機能のことを両眼視といいます。
 深視力検査は、「三桿(さんかん)試験」という方法で行われます。
3本の棒のうち両端の2本が固定され、その間の1本が前後に移動し、3本が並んだと感じたときにボタンを押し、そのズレを測定します。自動車免許では、3回の試験のズレの合計が6センチ未満の場合に合格となります。万一この検査で合格されない場合も何人かに、1人の割合でいらっしゃいます。その原因は殆どが屈折異常による場合が多く、適格な深視力メガネやコンタクトによって補正されれば合格されます。深視力メガネといっても深視力検査を行なう時に使用するのではなく、一般のメガネとして普段から掛けることが視機能にとってもかかせません。

その他には、両眼視機能の低下・欠如や目の疾患等があり、この場合は眼科の先生にご相談頂ければ良いと思います。又、試験の要領を理解していないこともあり、専門の深視力専門のスタッフにご相談下さい
自動車学校を卒業したものの、適性検査の深視力検査に合格できず免許取得を断念せざるを得ないこともあるようです。大型免許の教習にかかる費用や時間は大変なものです。せめてそれが無駄にならないように、自動車学校では事前に充分な検査を行ってから入校を認めてもらいたいと思いますし、二種・大型免許所得をご希望の方は、入校前に両眼視機能の検査をなさることをおすすめいたします!
◇ 深視力と深視力検査とは!・・・まとめ
深視力とは
深視力とは、一言で「動的立体視」の判断能力をいいます。この動的立体視は、左右の目で見た像を重ねて1つの像として認識できた時(両眼視機能)に、良好な遠近感を感じることができます。この判断能力を深視力といいます。
■ 深視力検査
上記深視力の能力が適格であるかどうかを検査することを深視力検査といいます。その深視力検査の方法として、「三桿試験」という方法で行われます。この検査は、3本の棒を見ていただき、その内両端の2本が固定されていて、真ん中の棒が前後に移動し、3本が並んだと感じたときにボタンを押し、そのずれを測定します。(許容誤差6センチ)
■ 深視力検査のコツ
上記両眼視機能が備わっていて、尚且つ、近視・遠視・乱視といった屈折異常がなく、ある場合は、正確に矯正されたメガネ、コンタクトレンズの装用がされている場合が前提になります。ただ、正確に屈折異常が矯正されていても眼位異常がある場合は、プリズム補正がキッチリ出来ていないメガネ(コンタクトレンズではプリズム補正はできません。)では正確な矯正にはならない場合があります。これらが適正であれば、かならず深視力検査機がある施設において、何度もゆっくりと練習することで合格できます。深視力の克服は「トレーニング」すれば何方でも合格できます。
■ 視力検査以外に深視力検査が必要な運転免許
@大型二種免許と深視力検査 A中型二種免許と深視力検査 B普通二種免許と深視力検査 C大型一種免許と深視力検査 D中型一種免許と深視力検査 Eけん引免許と深視力検査 以上6種の免許取得どきや更新時に深視力検査が必要です。
深視力検査は両眼視機能及びメガネレンズが命をテーマに!
*深視力とは関係ありそうでない事なのですが、右上イラストは両眼視の不思議があります。イラストのabとacの距離が実際は同じ距離なのです。パソコン画面上で測って見て下さい。
Copyright © メガネのアマガン All Rights Reserved.