弱視治療は重要!弱視&子供弱視、弱視&乳児弱視、弱視&幼児弱視、小児弱視は保護者の方が注意していて判らない事があり、片方の目が弱視の場合、正眼で見ているときが気づかない事が多い!

メガネのアマガン 信頼メガネ宣言
メガネのアマガン
   HOME
 NEWS
   信頼メガネ宣言
  目と眼鏡のいろいろ
   芸能人メガネ
 メガネ専科
   強度近視用メガネ
   パソコン用メガネ
   パソコン用メガネU
   子供用メガネ
   子どもメガネ
   子どもスポーツメガネ
   遠近両用メガネ
   全視界メガネ
   古田メガネ
   スポーツ用メガネ
   スポーツメガネ
   スポーツ用メガネレンズ
   スポーツ サングラスT
   スポーツ サングラスU
   弱視メガネ(ロービジョン)
   弱視
   遮光メガネ
   おしゃれメガネ
   カラーメガネ
   度付サングラス
   偏光サングラス
   花粉症メガネ
   ドライアイ用メガネ
   色弱用メガネ
   老眼鏡
   大きいメガネ
   深視力用メガネ
   伊達メガネ
   跳ね上げメガネ
   跳ね上げ式サングラス
   丸メガネ
   メガネフレーム
 メガネのアマガン
   メガネブランド・選び
   メガネ修理
   メガネケース
 補聴器専科
   補聴器
株式会社
AMAGASAKI
 GANKYOUIN
アマガングループ
 ■メガネ部
代 06-6411-8965
IP 050-3386-1037
 ■補聴器部
代 06-6481-7633

幼児と
 メガネ
 メガネのアマガンでは
      弱視とメガネを考えます
特に眼科で診断されたお子様の遠視のメガネを掛けさせるご両親のお気持ちをよく知っています。私(店主)は、物心が付いた頃、48年程前に遠視と診断され、幼稚園に入園した時から眼鏡を掛けていた事を思いペンを走らせました。当時の幼児期(昭和35年頃)にメガネを掛けているお子様は殆ど見かけない時代で、子供が眼鏡を掛けている事で、今で言う「いじめ」にあっていたかと思われます。その様な時代からすれば、子供用のメガネも「おしゃれ」で「かわいい」デザインやカラーのフレームが豊富にあります。その事を思うだけでもメガネを掛ける事に関しては、子供用のファッションの小道具としていただけると思い尼崎市のセンター店には、国内から海外の子供用メガネフレームを豊富な種類からお選び頂ける様に社員一同尽力いたしています。
参考
お子様が遠視のメガネを掛けて頂く事の大切さ!

 眼科で遠視と診断され「早く発見できて良かったですね」「このままにしておくと弱視になりますよ」「斜視が矯正できるかメガネで様子を見てみましょう」と病院で聞かされたことはないでしょうか?

6歳までは、正しい眼の機能(メガネ・コンタクトで矯正)で物を見る事で眼からの正しい刺激を脳が正しく理解する訓練を行う事で正常な眼の発達が促進されるからです。
病院で遠視と言われメガネを掛ける事を進められれば躊躇なく眼鏡を掛けましょう。

遠視は遠くが見えるのに何故メガネが必要なの?
特に子供の遠視は「弱視」を防ぐためです!

弱視の原因

  • 斜視弱視
  • 不同視弱視
  • 屈折異常性弱視
    (遠視や強度弱視)
  • 視性刺激遮断弱視
    (白内障、眼瞼下垂、眼帯の使用)
  • 微角斜視弱視
    (傍中心凝固視)
  • 経線弱視
    (乱視)

✽ 斜視の原因 ✽

・遠視
眼はものを見るときにそのものにピントあわせを行います。近くを見る時には、眼は内側によります。遠視では、強くピントあわせを行わないとはっきりと見えないため、眼はかなり内側によってしまい斜視になる場合があります。(内斜視) <参照:参天製薬株式会社>

遠視は、遠くを見る時も近くを見る時も正視の方に比べると眼の調節力(筋力)を遠視の度数だけ余分に働かせないとピントが合わない為、眼に刺激を与える事が出来ないからです。刺激を長期間与えなければ弱視になる恐れがあります。

・両眼視の異常
遺伝や脳の一部のわずかな異常が原因で、両眼視がうまくできない場合、それぞれの目がばらばらな方向を見るようになり斜視になります。
・視力不良
病気や怪我で片方の視力が悪くなると、両眼視ができず、視力の悪い目が斜視になる場合があります。大抵の場合、その目は外側を向きます。(外斜視)
・目の筋肉や神経などの異常
目を動かす筋肉や神経にわずかの異常があると、目の位置がずれ、両目が一緒に正しく物を見ることができず、斜視になります。 <参照:参天製薬株式会社>

一つの基準として、幼少期の健康診断などで眼鏡・コンタクトレンズによる矯正視力が0.3未満の場合を弱視と判定する。<必ず眼科にご相談ください。>


(注) 弱視は遠視だけが原因とは限りません。必ず眼科の受診をお願いいたします。

弱視又は視機能発達におけるメガネフレーム選びの大切さ!

 幼児用めがね(0歳〜2歳)、子供用メガネ(3歳〜10歳)、ジュニア用眼鏡(11歳〜15歳)として考えた場合、特に幼児用としてのメガネフレームと子供用としてのメガネフレームは、軽さやファッション性ばかりに重点がおかれ、小児の顔は、鼻根部が低く扁平で、瞳孔間距離が狭いわりに顔幅が広く、また耳介部が低いなどの特徴があり、フィッティングが難しい事が現実です。そのため、治療を目的とした子供用メガネや幼児用メガネは、子供の顔面の特徴をカバーできるメガネフレームが必要です。

✽ 子供用のメガネで治療を目的にしている子供用のフレームは「ずれにくい」がポイントと考えます。 ✽

当店がお勧めする治療を目的とした子供用メガネフレーム
 特 徴 
・2段曲げテンプル
耳の付け根のラインに沿った2段曲げの形状で、フィッテングポイントが長く、ずり落ちにくくなっています。 2段曲げテンプル
・盛鼻パッドの採用
小児の鼻は、鼻柱は細く、鼻鞍部は低く、頬は高いが特徴であり、これを考慮して設計された2段傾斜パッドを採用しています。 盛鼻パッドの採用
・智部の金具ネジ設計
「ズリにくい」子供用フレームの製作の1つのポイントとして広がりにくいメガネフレームの設計が必要になり、智部をネジで止める新しい発想のフレームです。ネジを採用する事で耐撃に対して力を半限しました。 智部の金具ネジ設計
pr-01
サイズ:
・38□14  ・40□14  ・42□14
・44□15  ・46□15  ・48□15  
・50□15
カラー:
#1 ブラウン  #2 ピンク  
#3 スモークエキス  #4 ピンクエキス
pr-36
サイズ:
・44□14  ・46□14  
・48□14

カラー:
#14 SMK  
#23 L-BRN

pr-05
サイズ:
・38□14  ・40□14  ・42□15
・44□15  ・46□15  ・48□15  
・50□15
カラー:
#1 ライトブラウン  #2 ミント  
#3 ブラウン
pr-04
サイズ:
・38□14  ・40□14  ・42□15
・46□15  ・48□15  

カラー:
#1 ピンク  #2 ライトブラウン  
#3 ブラウン

pr-07
サイズ:
・42□15  ・40□15  ・46□15
・48□15  ・50□15  ・52□15  
・50□15
カラー:
#1 PK  #2 シェルPK  
#3 DEM1  #4 BKマーブル

pr-37
サイズ:
・42□14  ・44□14  ・46□14

カラー:
#16 PK  #23 L-BRN  
pr-35
サイズ:
・38□14  ・40□14  ・42□15
・44□15  ・46□15  
カラー:
#16 PK  #23 L-BRN


※ 商品は予告なく変更する場合があります。ご容赦下さいませ。

当店が考える子供の治療を目的としたメタルフレーム!

 メタルフレームは、ファッション性に富み、鼻パッドも自由に曲げることができ、眼鏡調整時は、フィッテイングさせやすい利点があるが、その反面ブリッジの部分がねじれを生じやすく、鼻パッドとして用いられているクリングスパッドの耐久性が悪い。わずかな衝撃でも鼻パッドの支えの金属部分が曲がり、鼻パッドの幅が広くなり、鼻メガネになってしまう。フロントやテンプルも取り扱いの乱暴な小児にとって十分ではなく、溝幅が狭いので、度数の強いレンズを支えにくいという欠点もある。鼻メガネを防ぐため、固定バンドをしているのをよく見かけるが、バンドで無理に固定することがかえって歪みを作ったり、頂間距離が狭くなり、矯正効果がかわる。また、事故の時など、かえって危険で良くない様に思います。

◇ 子どもの弱視のサイン
★塗り絵が下手、転びやすい・・・・・
Mocosuku Woman より
子どもいる親にとって、子どもの身体のことは気になる部分でしょう。ここ数年では子どもの視力低下が問題になっています。平成24年に文部科学省が発表した「学校保健統計調査」によると、裸眼の視力が1.0未満の子どもの割合は、保育園や幼稚園で27%、小学生で30%という結果になっています。
特に眼鏡やコンタクトレンズを使用しても矯正のきかない「弱視」は子ども本人が気づきにくく、学校で行われる視力検査でも見逃されてしまうことがあります。子どもの弱視のサインを見逃さないためには、どうすればいいのでしょうか?
:「弱視」の症状
特に幼児の場合は言葉がままならないこともあり、弱視であっても症状を訴えられないことがあります。そのため、目の治療をせずに成長してしまうケースも多いのです。弱視の子どもに見られる症状は次の通りです。
・片目をつぶって見る
・目を細くして見る
・あごを上げてみる
・横目づかいで見る
・頭を傾けて見る
・上目づかいで見る
また、テレビを見るときに近づいて画面を見ていたり、ぶつかったり転んだりしやすい、塗り絵などの作業がうまくいかないといった場合にも「弱視」の疑いがあります。
弱視は小学低学年以下でも諦めずに治療をすれば回復する見込みがあるといわれています。子どもの弱視は早期発見が重要です。子どもの様子を観察し、小さなサインでも見逃さないことが大切ですね。
:生まれたばかりの赤ちゃんの視力は約0.01
生後間もない赤ちゃんの視力はあまり見えておらず、0.01ほどだといわれています。そのため、目を開けていても明るいか暗いかぐらいしかわかりません。だいたい生後1か月で物の形がわかるようになり、2か月で色がわかるようになります。
:「弱視」とは
弱視は視力の発達段階である乳幼児に、外界からの視覚刺激が少なかったことが原因で発症するといわれています。そのために弱視は、眼鏡やコンタクトレンズを使用しても矯正されません。裸眼視力が0.01で弱視だと思っている人も多いですが、0.1以下の視力であっても眼鏡やコンタクトを使用して1.0以上の矯正視力が出れば「弱視」ではありません。
◇ 弱視&斜視/弱視訓練用眼帯 皮膚に貼り付け!・・・・・
★ 現在では弱視の括りが、大人から子供まで広義に亘っていると思います。子供の弱視は幼少期の健康診断で眼鏡・コンタクトレンズによる矯正視力が0.3未満の場合、弱視と判定する(ただし発見が早い場合は視能訓練により視力の向上が望める可能性がある。0〜7歳くらい迄に(3歳児健診などで)発見できれば弱視は改善しやすいが、大人の弱視は眼の機能が未発達のまま完成しているため難しい。個人差があるが、5〜6歳までであれば眼鏡や視能訓練等により殆どの回復は可能である。 左右の視力に格差がある弱視にはアイパッチ(弱視訓練用眼帯)治療などがある。この弱視訓練用眼帯にかわいい子供用ができました。
弱視にも、@.斜視弱視 A. 不同視弱視(左右の屈折度の差がありすぎるとき) B.屈折異常性弱視(遠視や強度近視) C視性刺激遮断弱視(白内障、眼瞼下垂、眼帯の使用) D微小角斜視弱視(傍中心窩固視) E経線弱視(乱視) の種類があり、
「不同視弱視」などの例では、片眼がみえていないのは生まれつきであるために、本人も親もそのことに違和感を覚えず気付かないまま成長してしまうことが多い。そのため、弱視であることを小学校の入学健診ではじめて知る場合も少なくない。治療の有効年齢は5〜6歳までなので小学生からでは治療を受けても一生弱視になる可能性が非常に高くなる。
又、大人になって病気や視覚障害になった方は、メガネをかけても、コンタクトをされても、手術をされても新聞がよく見えない。十分視力が得られない方が多くいらっしゃいます。このような方を最近ではロービジョンといっています。
◇ 弱視治療用眼鏡箔 レンズに貼り付け!・・・・・
★ こどもの弱視、斜視とメガネの関係は非常に深く、子どもの健眼な眼を遮蔽して、完全に形態覚を遮蔽してこらしめ、今まで怠けていた患眼を生活の中でしっかり使用させることにより、その眼の視力の発達を促す。とても簡単で素朴な方法だが、最も効果がある。ただ、片目の視野が完全に遮断されるので視野が狭くなり、遠近感が悪くなり、自転車などのに乗るのは危険である。そのため、子どもの弱視状況にもよりますが、不完全遮蔽法といって健眼な眼の視力を低下させる方法があります。右写真の向かって右が完全遮蔽法の状態の見え方、左写真が不完全遮蔽法の見え方です。




◇ 弱視&斜視&遠視と弱視訓練用メガネ取り付け眼帯 メガネフレームに取り付け*・・・・・
★ 視力の発達段階にある乳幼児では遠視の度が高度となると明視に必要な調節ができなくなって常に網膜像が不鮮明となり、視力の発達が停止し矯正視力が不良となる。すなわち、屈折異常弱視となる。両眼の場合には屈折異常弱視(狭義)、片眼の場合には不同視弱視となる。したがって、弱視の予防には、高度の遠視及び遠視性不同視が発見されたならば、早期に眼鏡を装用させることが望ましい。この時に、眼の訓練が必要になりその方法の1つとして、眼鏡スレームに取り付ける布タイプの遮蔽膜がある。
◇ 子どもの調節性内斜視と弱視と眼鏡の関係!・・・・・
★ 斜視の診断には、正しい屈折異常の矯正がなされなければなりません。そのためには、調節麻酔薬を使っての他覚的屈折検査が必要です。斜視を一言でいえば、「両眼視」ができない状態です。人間は左右両方の眼を使って目標物を認識するのですが、片方の目が対象物に向かわないことを斜視といいます。目の位置のズレに斜位がありますが、それ以上に問題なのは両眼で物を見ることができないことで、片方の眼が弱視になる恐れです。弱視は視力が弱いことをいいますが、視力が悪くても、メガネをかけて0.1以上程度であれば、弱視ではありません。弱視とは、眼球や脳にトラブルがないのに、メガネをかけても視力が上がらない状態のことです。原因は、視力の発達する時期(0歳〜8歳)に、遠視、斜視、乱視などのせいで、脳にボンヤリした画像しか送ることができず、「見る力」が育たなかったため、早期発見、早期治療が絶対必要です。

子供用メガネで、特に、3歳未満の幼児に対するこどもめがねにおいては、幼児が眼鏡を掛けたがらないケースが見受けられます。この場合が子供眼鏡専門店としての役割が重要になります

上右写真は1歳2ヶ月で、両眼+6.00Dのメガネを装用している。両眼+6Dと遠視が強いこと。母親も調節性内斜視で幼児の頃から遠視の眼鏡を装用していたとのことで、家族の協力がえられたこともあって、本人は喜んでメガネを装用している写真です。<月刊眼科診療ブラクティス95参照>
斜視の診断および治療は必ず専門の眼科医にご相談下さい。
◇ 子供メガネの健康保険の適用について!・・・・・


日本では初めて、9歳未満の「こどもめがね」のうち、「弱視」、「斜視」「先天性白内障術後」の屈折矯正の治療に使う「こどもめがね」が、健康保険給付対象として、厚生労働省が、一律(各保険組合)に認めて頂くことになりました。

○給付対象
9歳未満

弱視、斜視、先天性白内障術後

(近視や乱視等の単純な視力矯正眼鏡はダメです。)

○対応年数
5歳未満は前回適用から1年以上

5歳以上は前回適用から2年以上です。

○給付額
<例1>

20,000円の眼鏡を購入した場合

20,000円×0.7=14,000円の支給


<例2>

50,000円の眼鏡を購入した場合、支給上限が設けられています。

算定基礎として、

37,801円(支給上限額36,700×1,03)×0,7

37,801円×0.7=26,460円の支給

○必要な書類
1、眼鏡処方箋

(日本眼科医会発行の医療費控除用処方、又は、通常の眼鏡処方箋と医師の意見書のセットでも可能)

但し、「治療を必要とする症状」の記入が必要です。視力・眼位などの検査結果の記入が必要です。


2、眼鏡購入領収書

但し書きに治療用としての記入が必要です。 例えば、治療用眼鏡「弱視用」


3、療養費支給申請書

保険者が用意してくれます。保険申請の際、その場で記入することも出来ます。各保険所に印鑑、銀行口座番号を忘れずご持参下さい。
◇ 弱視とは
■ 子供弱視&幼児弱視はなおるの?
視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、良くなる場合と、ならない場合があります。3歳くらいまでにみつかると、なおる可能性は高くなります。弱視をなおす方法としては、遠視が原因の場合には遠視用めがねをかけます。その他の場合は弱視の視力増強訓練をおこなう必要があります。弱視の視力増強訓練は遮蔽法という方法で行います。遮蔽法はふつうよい方の眼を隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。この方法は病院だけでなく、家庭でもずっと行わないと意味がありませんので、家庭の協力が必要となります。遮蔽法を行なう時には眼科医の指示に従いましょう。また、4歳児以上では視能訓練士による機械を利用した訓練を行います。

■ 弱視とは?
子供の視力が発達するためには、毎日ものを見ている必要があります。これは眼から受けた刺激を、脳が正しく理解するのに、訓練が必要だからです。訓練といっても、特別なことをするわけではありません。眼を開けていろいろなものをみているうちに、眼からの刺激を脳が正しく理解するようになるのです。
それでは、もし子供の視力が発達する途中で、たえずものを見る訓練ができなかったらどうなるでしょうか?この場合、視力の発達は抑えられ、止まってしまいます。これを弱視といいます。近視でめがねを掛けると見えるようになる場合は弱視とはいいません。

■ どうして弱視になるの?
弱視はものを見る訓練が出来ないと起こりますが、ものを見る訓練ができない状態になる原因としては以下のようなものがあります。
・斜視
斜視があると、両眼視ができないため、ものが二重に見えます。ものが二重に見えると、脳が混乱するため、斜視になっている片方の目を使わないようになり、使わない方の目が弱視になる場合があります。これを斜視弱視といいます。
・遠視
遠視があると、近くを見るときも、遠くを見るときもはっきりとみえない為、視力が発達せず、弱視になる場合があります。
・その他
生まれつき、白内障などの目の病気がある場合、あるいは乳幼児に眼帯を長い間(3〜7日間程度)つけたりした場合、ものを見る訓練ができず、弱視になる場合があります。

                   <資料提供:参天製薬株式会社 田尻>

治療用メガネの大切さ!弱視眼鏡&弱視メガネ&弱視めがね
■ 子供の弱視治療における子供治療用眼鏡の果たす役割はとても大きいが、実際の子供メガネとして、どのような子ども用メガネフレームが適しているかという点にまで感心が行き届かない場合が多い、小児の顔は鼻根部が低く扁平で、瞳孔距離が狭いわりに顔幅が広く、また耳介部が低いなどの特徴があり、子供用めがねのフィッティングは難しいため熟練した眼鏡士の調整が必要と思われる。何故、子供の治療用メガネのフィッティングが重要であるかがご理解頂けないかもしれないが、眼鏡がズレて掛ける事によって、レンズの中心を通して物体を見ることをされなければ、網膜上に物体がピンボケにおいて見てしまい、視力の発達に支障をきたしてしまいます。又、ズレル事によってメガネフレームの上から覗き込んで見てしまう恐れがあり、治療用のメガネとしては全く無意味な眼鏡になってしまいます!
弱視眼鏡はレンズ、フレーム、調整技術が命ですをテーマに!

Copyright © メガネのアマガン All Rights Reserved.